今ある設備で明日からテレフォニーDX!

昨今のテレワークの急速な普及に伴い、電話業務においては
クラウドPBXを用いたDXの取り組みとして、
在宅でもオフィス同様に電話を受けることが可能となりましたが、
果たして電話業務におけるDXはそれで完全でしょうか?

電話業務は応対を行うだけでなく、電話応対後には関連部門への連携や
管理ツール(CRMなど)へのデータ入力・データ連携が必要となり、
この対応には膨大な時間が割かれています。

Voice X(ボイスクロス)はそのような電話業務におけるDX化と
テレワーク化を同時実現する次世代型クラウドPBXです。
「今ある」設備で、テレワーク環境を容易に迅速に構築できるだけでなく、
業務課題である応対品質や応対件数の効率化を可能にします。

なくならない
電話対応のためだけ出社

なくならない電話対応のためだけ出社

各企業ですすむテレワーク推進。 業務効率化や働き方の多様化といったメリットがある一方、電話業務を主体とした部門ではテレワークが進まず、不平不満が・・・

バラつきのある
応対品質

バラつきのある応対品質

コールセンターやサポートセンターの電話応対の品質の差がなくならない。 チェックをするにしても録音データを1件1件チェックするマネジメント側の負担が大きい

アナログオペレーションによる
膨大な手間

アナログオペレーションによる膨大な手間

受電/架電した内容をCRMなどの顧客管理ツールに入力する手間が発生。 1件1件は数分程度の作業だが、累積で膨大な時間が発生しており、効率化が必要

VoiceXの5つの特長

業務を効率化する自動化ロボットによるツール連携

業務を効率化する
自動化ロボットによる
ツール連携

電話業務は電話応対を行うだけで完了するものではありません。
電話応対後には関連部門への連携やツールへのデータ入力・データ連携が必要となってきます。
VoiceXでは電話応対結果を書き込むCRMやインシデント管理ツール等との連携を自動化し、架電効率UPや事後作業の手間削減を実現します。

「今ある」設備で、テレワーク環境を迅速に構築

「今ある」設備で、
テレワーク環境を迅速に構築

従業員自宅や各拠点(オフィス)とVoiceXをインターネット回線で接続します。

「今ある」設備で、テレワーク環境を容易に迅速に構築できます。

ご利用用途にあわせたエディションをご用意しており、すべてのエディションに「自動化ロボットによる連携機能」を標準搭載しています。

業務をブラッシュアップするコールセンター向け機能

在宅コールセンターにも
対応できる多機能性

一般的な電話(内外線発着信)機能はもとより、IVR(音声自動応答)や通話録音機能などの付加機能が、リーズナブルなコストでご利用いただけます。

オプションの「AIによる音声テキスト化」を利用すれば、音声データが他システムと容易に連携でき、さまざまな業務の効率化・省力化が図れます。

電話にかかるコストを大幅削減

電話にかかるコストを
大幅削減

各端末(オフィス、自宅、外出先)間は通話料¥0で内線通話が可能です。

さらに「キャリア コムスクエア」の050/0078番号を利用すると大幅な通信コスト削減が可能に!

総務省認可の通信キャリアが提供する

総務省認可の
通信キャリアが提供する
セキュアなサービス

コムスクエアは総務省認可を受けた通信キャリアです。

大手通信キャリアの回線設備に依存しないシステムのため、テレワークの促進や複数拠点での拡張が短期間でスムーズに!

そして、安定したセキュアな通信環境をご提供致します

VoiceXの利用可能端末

固定電話機

固定電話機

IP回線専用の電話機です。LAN回線を利用するので、電話線は必要ありありません。

スマホアプリ

スマホアプリ

スマートフォンアプリで受発信が可能です。Android、iOSそれそれで利用可能です。
※スマホアプリは有償版で、別途購入が必要です。

SIPソフトフォン Zoiper

SIPソフトフォン Zoiper

パソコン+ヘッドセットで電話の受発信が可能です。WindowsOSに対応しています。

VoiceXの提供形態

ご利用用途にあわせたエディションをご用意しております。
すべてのエディションに
「自動化ロボットによる連携機能」が標準搭載

ライトLite

スタンダードStandard

プロフェッショナルProfessional

エディション 必要最小限の電話業務を テレワークで実施できる一般的なPBX機能を提供 さまざまな電話業務をテレワークで行うために便利な機能を提供 大量なインバウンド/アウトバウンド(コールセンター等)業務をテレワークでも実施できる機能を専用環境で提供
提供環境 共有クラウド 共有クラウド 専用クラウド
利用可能番号数 1~10 1~20 21~
利用可能チャネル数 1~5 1~10 11~
利用可能な機能概要
電話発着信
ガイダンス再生
共通電話帳
着信拒否
FAX
メールチャット自動通知

電話発着信
ガイダンス再生
共通電話帳
着信拒否
FAX
メールチャット自動通知
留守番電話
IVR
電話会議
他システムとの自動連携

電話発着信
ガイダンス再生
共通電話帳
着信拒否
FAX
メールチャット自動通知
留守番電話
IVR
電話会議
他システムとの自動連携
プロビジョニング
レポート
音声データAI解析・テキスト化

VoiceXの機能詳細

提供機能一覧
Lite Std Pro
外線発着信 外線電話の発着信
内線発着信 内線電話の発着信
通話録音 外線、内線の通話を録音
音声ガイダンス再生 指定した内容でガイダンスを流す
着信条件分岐 着信した電話をさまざまな条件で分岐
キューイング 着信を指定した番号に振り分ける
フロー 各種機能を組み合わせて利用可能
着信拒否 指定した電話番号の着信拒否
FAX FAXの送受信
留守番電話 留守番電話録音、メール送信
IVR 音声自動応答
共通電話帳 利用者共通の電話帳
電話会議 複数人での同時通話
ウィスパリング 他者の通話を聴取し話しかけられる
代理応答 内線を代理で受ける
オートコール 録音した音声を自動発信する
電話機プロビジョニング 複数の電話機を一括設定できる
自動化ロボットによる連携機能
Lite Std Pro
メール・チャット自動通知 不在着信などをメールやチャットに自動通知
他システムとの自動連携 CRMやインシデント管理ツールなどの他システムへ履歴データを自動連携
音声テキストAPI 録音された音声データAIでテキスト化
音声テキストビューワー テキスト化されたデータの確認
履歴管理機能
Lite Std Pro
通話履歴 外線、内線発着信の履歴
キューイング履歴 キューイングした履歴
内線端末状況確認 各端末の状態の確認
利用統計 全体の利用統計
IVR履歴 IVR着信の履歴
電話会議 電話会議の履歴
Fax履歴 FAX送受信の履歴
留守番電話 留守番電話の履歴

VoiceXの活用事例

活用事例1

全国のコールセンター各拠点の内外線発着信の呼制御を、VoiceXで一括コントロール。今ある端末でテレワーク中のオペレーターの自宅や他拠点の内外線発着信が可能に!通信事業者であるコムスクエアの独自番号(050番号/0078番号)を利用することにより大幅な通信コスト削減を実現

全国のコールセンター各拠点の内外線発着信の呼制御を、VoiceXで一括コントロール。

活用事例2

音声テキスト化によりテレワークでもオペレーターの品質チェックを容易に。ブラックボックスだった会話内容を可視化。

音声テキスト化によりテレワークでもオペレーターの品質チェックを容易に。ブラックボックスだった会話内容を可視化。

活用事例3

ロボットによるCRM連携で通話履歴や音声テキスト化データを自動連携。架電/受電の効率UPや電話後の作業における手間削減を実現。CRMだけでなくその他のツールとも連携可能。

ロボットによるCRM連携で通話履歴や音声テキスト化データを自動連携。

VoiceXの価格

ライトLite

スタンダードStandard

プロフェッショナルProfessional

初期費用 VoiceXを利用開始するための
初期費用上位のエディションに
アップグレードする場合は
差額がかかります
/回 ¥150,000 ¥300,000 ¥600,000
サービス基本料 VoiceXを利用するための月額基本料 /月 ¥15,000 ¥15,000 ¥15,000
機能利用料 各エディション毎の機能利用基本料
※利用する席数分かかります
/席/月 ¥500 ¥800 ¥1,000
FAX利用料 FAXを利用する場合の利用料
※FAX送受信する電話番号ごとにかかります
/番号/月 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
同時接続数 同時に接続できる人数分の費用 /月 ¥2,000 ¥2,000 ¥2,000
AI音声テキスト化 音声テキストAPIを利用する月額費用 /月 ¥20,000 ¥20,000 ¥20,000
AI音声テキスト化 従量料金 /分 ¥15 ¥15 ¥15